読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつお梅塩分14%と明太子の狭間

宮田くん、諸星くん。キスマイとSexy Zone、Love-tuneが好きです。

赤いバンダナに思うこと

アイドルの熱愛騒動について、賛否両論ある中で私の個人的なおもい。*1

 

 

アイドルの熱愛報道って誰が得するん…?

とアイドルの熱愛報道を見るたび思ってた。

 

熱愛報道は、アイドル自身もファンもみんな何かしら傷を負う。

アイドルに限らず芸能人全般だけど、結婚報道はまだしも、誰と付き合って別れたかなんてそっとしとけばいいのに…芸能人は「本人」こそが商品だろうけど、だからってプライベートも無いんだろうか。(ないのか。)

アイドルが恋愛を隠してくれてるなら、それを報道して誰が幸せになるんだろう。知らなくていいこともあると思うこの世の中。

 

藤ヶ谷くんの舞台を見に行った翌日?くらいに報道があって、舞台で初めて藤ヶ谷くんを見たときの「ああ、藤ヶ谷太輔って本当に存在したんだなあ」という感動(おおげさ)や、余韻は吹っ飛んでいった。もちろんこのタイミングを見計らってだと思うし、舞台前に報道があったら舞台どころじゃないのもわかる。でもせめてもうちょっと余韻に浸らせてくれてもいいじゃない。

 

アイドルだから、異性とのうんぬんについては特にデリケートな部分だろうけど、アイドルだって恋愛も結婚もするし、私はそれでいいと思ってる。

でも「アイドル」として仕事をしているからこそ、お揃いのものを身に着けたりわかりやすく安易に自ら異性の存在をちらつかせるようなことはしないでおくれよと願ってしまう。*2願ったところで、芸能人を応援することは受け身なことだから、こちら側の気持ちは届くことはないけど。

熱愛報道自体に軽くショックはあったけど「おお、まじかー」と思う感じで特にその後引きずらなかったけど、ファンの方が作成した美織ちゃんとのおそろい検証画像が「ただひたすらに残念」という気持ちにさせ、みぞおちに重たいパンチをくらい続けるというか鉛が体にじわじわと流れてくるようだった。好きな俳優の報道を見たときには思わなかったのに、やっぱり藤ヶ谷くんがアイドルだからだろう。

「アイドル」だから安易なことをしないでほしかったと、残念に思ってしまう私の勝手。

 

報道については、本人も事務所も否定していない。否定しておいて「実は…」となるよりも、事実ならそのままスルーしてもらった方が私は良い。*3赤いバンダナも真相はわからないけど、騒動があったあとでさすがにここまでお揃いのものをするんだろうか。真相が分かる日は永遠に来ないか、結婚報道で知るんだろうけど。

 

UTAGE*4でも、横尾さんのキス事情が本人の口から出ていて「jr.時代はちょくちょくあった」と。

いや、まあそうなんだろうけど。改めて「応援することは受け身」「手の届かない人」と実感した。でもそれはコンサートのパフォーマンスを見て、違う方面から実感したかった。笑

 

 

「結婚もできないし、友達にもなれないのに、どうしてお金をそんなに使うの」

と言われたことがあるけど*5彼らを「好きだから応援する」というそれだけの気持ちが何より楽しくて、それを活力に日常を頑張ろうと思えるからで、何よりその気持ちは彼らでしか満たせないから。

真相はわからないし、あーだこーだ言っていてもどうにもならない。「ああ残念だ」と思っても、それでもアイドルの藤ヶ谷くんが好きなんだから仕方がない。応援しないという選択ができないし、その気持ちも持ってそれありきで応援する。惚れた方が負けっていうし。(違う)

 

思うままに書いていてまとまりがないけど。

アイドルな彼らが好きだから、知らなくて幸せなことは知らないままでいいと思う。

*1:いつだってこのブログに書くのは私のひとりごとだけど。

*2:藤ヶ谷くんはもちろんのこと、美織ちゃんもアイドルとして活動しているようで、あちらのファンの方も複雑な心境であることをツイッター等々で拝見した。お互いアイドルなんだからなおさらと願ってしまう。

*3:「隠す」こと「ウソを言わせる」ことの違いは私にとって大きい。

*4:関西圏での放送はまだで、ツイッターで拝見した

*5:AKB、俳優さんが好きな時も言われた