かつお梅塩分14%と明太子の狭間

宮田くん、諸星くん。キスマイとSexy Zone、Love-tuneが好きです。

実録山田、山田孝之にお会いしてまいりました

ジャニーズごとではないですが、

ドラマ「ウォーターボーイズ」を見てから俳優の山田孝之さん(以降、愛を込めて山田呼び)に心つかまれ、熱に波があったりゆるかった時もありますが、ぬるぬるずっと好きで、初めて好きになった芸能人。

 

そんな愛する山田がこのたび「実録山田」という本を出版し、それに伴い出版イベントとして「激押し!行商列島24時!」と題して本にスタンプを押して渡してくれるという、いわゆるお渡し会が開催されました。

(以下、本の内容も含みます)

 

去年の夏ごろ、山田公式Facebookに文豪のような画像とともに「ノンストップスペクタクルSFハートフルアクションハードボイルドコメディーバイオレンスエッセイ暴露本4D超大作を2016年に出します」と更新されたときは「また冗談言うとる」と思っていたのに、本出版!イベント開催!文豪のような画像は本購入特典です!!!!とネットニュースで見たときは事実だったことに驚き。

ほんまやったんかーーーーい。

 

(ちなみにこのお写真)

f:id:akitru:20160328011415j:plain

 

 

お渡し会は東京のみかと思いきや、北は北海道南は沖縄までという全国ツアーで、大阪と神戸に行ってきました。全国ツアーありがてえ。

 

 

1日目大阪、指定時間に書店へ行くと山田がひとりひとり丁寧に対応しているため時間が押しているとアナウンスがあり、約1時間ほど待ってのお渡し会でした。

 

囲われたブースの中にサングラスをした山田の顔写真と実録山田公式ツイッターから更新されたツイートを診察したものが貼られていました。*1そして座って待ち受けている山田!!!!!

映画の舞台挨拶は色々と行われているものの、開催場所が東京だったり平日だったりなかなか行けずじまいで*2初めて山田を拝んだのは舞台「フルモンティ」で、長年ファンだったものの実際に見たのは最近のこと。

そして今回超至近距離で目の前にいて、言葉を交わせるなんて奇跡すぎる。

 

信長協奏曲の番宣で出たスマスマでいっときからアクティブになったと言っていましたが、人見知り+インドアという私の中の前々からの山田のイメージが拭えなくて接近イベント系は好きではなさそうに感じていたのですが、大阪より以前に開催されたお渡し会に行かれた方たちのイベントレポ通りの神対応っぷりでした。

 

イベントブース内に案内されるのは二人で、前の方が山田と話してるのを見ることができたので、ひとまず凝視。本当に山田孝之がいる。生きてる。

山田の隣にいるスタッフさんから山田が本を受け取り、「山田孝之」書かれたスタンプを本に押してくれるのですが、目の前に立った瞬間から終わりまでずっとずーーーっと見つめてくださる仕様。着席されていたので自然と上目遣いしてもらえて大変ありがとうございました。

見つめてくる目がとてつもなく優しくて、柔らかい目をしてらっしゃいました。いつもテレビや作品を通してみているからだろうけど、きりとした目をしてるイメージだったので意外で、ほんわかした雰囲気のギャップにやられました。

普段の山田はそんなやさしい目をしてらっしゃるの?????

会ってるあいだは夢のような時間で目の前にいるのに実感が無くて、その後の公式ツイッターの写真や、テレビと通してみると「この人に会ってきたんだ」と実感しにやにやしました。

 

1日目の大阪は緊張がひどく、

ウォーターボーイズのころからファンで…。本当に存在してるんですね。」というなんとも気持ちの悪いことを言ってしまったにも関わらず「そんな前からありがとー」「うんうん」と相槌を打ってくれ「生きてるよー」と笑ってらっしゃいました。

終わり際に翌日の神戸も行くことを伝えたら笑顔で「また明日ね!」と言う山田。

 

山田と!!!!明日の約束!!!!!

また明日ねっていう日常的な一言がうれしい。(いたい)

 

 

胸毛見せてと言われることが多かったらしく、大阪神戸ではVネックシャツを着ておられ、なんともサービス精神旺盛。あますことなく拝見しました。普通のVネック着てるだけでチラリズムどころじゃないMUNAGEがこんにちはしてるってどれだけ濃いの・・・?

カッターシャツ(ワイシャツ?)を着てる山田が大好きマンなのでカッターシャツからの胸毛も拝みたかったです。(欲張り)

 

ツイッターで流れてくるレポを見ていると、みなさん割と変態的なことを伝えてらしたので、後悔のないように「フルモンティを10列目くらいで観劇して、そこから双眼鏡で拝みました。ありがとうございました。」と伝えるとニヤニヤしながら「いろいろ拝めたんですね」と言って最後は笑ってくださいました。

あーーーーーー。好き。

 

フルモンティすごくすごくおもしろかったから再演してほしい。それが叶わないなら映像化しろください、頼みます福田監督~~~~。ムロさんのアドリブのあまりの長さにペットボトル投げつけた山田がSo CUTE!!だったなあ。

 

神戸は大阪に比べて興奮しつつも割と落ち着いた気持ちで拝むことができ、結婚指輪をしているところも確認できました。結婚指輪をしてる山田が妙に色っぽくて好き。結婚のニュースを聞いた時は落ち込んだのに不思議。

いろんなかたのレポを見ていて「結婚して!」と言ったところ「もう結婚してるよー」と笑って返したそうで、既婚者感、私も感じたかった・・・。

ファンの人から同じことを言われてもそれぞれ返しが違うようで、本当に神対応。沖縄福岡辺りでは髭を剃っていたようで見たかった!!!!!

やっぱり行ける機会があるなら全力注ごうと改めて決意しました。ジャニーズ・アイドル然り。

 

 

 

 

映画「凶悪」は友人と二人で見に行き、内容と役のしんどさに見た後げっそりしたのを覚えています。「実録山田」にも書かれているとおり、芝居素人の私が評価してもというところですが演技がだめだったと思わなかったのと、「だめだった。辞めてしまおうと思った。」と山田が会見や取材で言っていたのも驚きでした。

以前公式Facebook

15年ほど前、当時17歳でちゅらさんの撮影をしていた頃、NHKの西口へ向かう廊下のこの角を曲がる瞬間に「あ、芝居って楽しいのかも。俳優として生きてみよっかな」と思い、なんとかまだ続いている。

と更新したのを見てから、読んでるかは分からずともファンレターを出すようになり作品の感想やら感謝の気持ちやらを書いていました。

痛いファンなのは重々承知で、今回こんな機会めったにないので、聞きたいことも聞けあわよくばなお願いも聞いていただき、感謝の気持ちも伝えることができました。とにかく大好きなことが伝わっているといいなあ。

 

山田ファンな方がまわりにいないので、これを機にと思いツイッターを通してやイベント会場、行き帰りで声をかけて色んな方と山田話ができたのですが、お声をかけた方の半数がジャニヲタでもあり分母のすごさを再認識。舞祭組担の方にも出会えて奇跡。

 

 

 

本はまだ途中までしか読めてませんが、山田のことを少し知れたような気がします。でも本の内容が、本当にFacebookの更新通り「ノンストップスペクタクルSFハートフルアクションハードボイルドコメディバイオレンスエッセイ暴露本4D超大作」な感じがするので読み終わってもますます山田の謎が深まりそう。

 

これからも末永く応援していくので、もう一度純愛ドラマか、フルモンテ再演ありますように。

*1:書店員さんによるものなので、神戸とはまた違ってておもしろかった

*2:有給はもはや無いものとされるブラックなところに勤めていて休めない…。転職しよう